Selected category

All entries of this category were displayed below.

Page up▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

2010活動報告⑦ 踊る君を見て

ダンスパフォーマンスに携わる、ということが11月におきました。
詳細は省いて、僕の思ったところだけ、簡単に書きます。


11月末。袋井にて、何故かダンス作品に参加する。

リズム感、危うい。
体、固い。
運動神経、ゼロ。
(高校時のスキー旅行の際、クラスで評された僕のフォームは、「まるで老婆のようだ。」)
以上のことからも導き出されよう。
石川セリばりに、ダンスはうまく踊れない。

それが、何故。

A.踊らないから


作中で用いるメトロノーム。
それを設置する、起動させる、止める、場所を変える、テンポを変える、また起動させる、止める。
…という、役割。

メトロノーム・ボーイ?
そんなのあるのか?

とにもかくにも、この初冬。
思いがけずに、コンテンポラリー・ダンスという、あまりにも未知の領域の現場と、思いがけない、出会い方をしました。

しかも、演出面の変更点等が、直前にドドッとおしよせる。
どうやらダンスパフォーマンス自体が、「少年の夢の中」みたいな、位置付けになったらしい。
大概な変更っすね!

大変なのは、僕以外の二人のダンサー(県内女子高生)だ。
明らかに。
故に、「お前は間違えないよな??」みたいな、謎のプレッシャー。
(どこからかは知らないけど)
やるっきゃないならば、やるさ!



で、とりあえず無事に終えてきました。
上記のような役回りということもあり、またあまりに初めてなパフォーマンス体験で、本番時が客観視できない、というかあまり思い出せないのです。
(早く、VTRで確認したいものです。)

ダンスのエクササイズをいくつかと、メトロノーム活用法(笑)に触れられたのは、すぐにでも活かしたい。
メトロノームは特に、以前から気になっていたアイテムだったので更なる可能性を追求したい。
というか、欲しい。
好きになった。


みたいなこと思う、2010年の終わり。
次に、活かしたいのさ。
スポンサーサイト

Page up▲

2010活動報告⑥ 高校演劇その2

富士高校「明日は風のない日」。

これは、もう、ただただ傑作だったと思う。
特に、県大会で見せた、日常の機微にかすかに滲む、裏腹な感情、或いは狂気。
これをもし全部、狙ってやってのけたと言うならば、君たちはもうそれで食ってけば良いよとさえ、思う。
目を離せなかった、見つめるしかなかった。
もはや手放しで、賛美、だ。


しかし残念ながら、県大会では大きく評価されていない。
高校生はおろか専門家にあっても、高い精神性と日々のたゆまぬ努力に裏打ちされたこの作品が、その前を素通りしてしまったという現状には落胆を禁じえない。
そりゃ肩入れしているし、専門家の判断にうだうだ言うのは、我ながら滑稽だと思いますよ。
でも「高校生らしくない」みたいなコメント、やっぱり嫌いだな。
らしさなんてもの、当事者以外がどんな物差しで決めるんですかね。
嫌だ。

夢や希望を高らかに謳うことが正解?
創作戯曲なら、多少拙くとも諸々をカバー?
…うがった見方、しちゃいそうにもなるよ。
やっぱ、嫌だな。


先日、原田先生と演劇部との手紙でのやり取りを、見せてもらった。
かつて同作品を取り扱った原田先生は、高校生達の出来栄えに対して、率直に「嫉妬した」と伝えていた。
かつてプロの世界に身を置き、高校演劇の全国大会も経験した、原田一雄の「嫉妬した」は、重いよ?
そしてそれは間違いなく、本気だよ。
だからこそ、皆して、思い思いのお返事を綴っている様子が、泣けそうだ。
誰かは腑に落ちていない、誰かはただただ感謝の言葉、誰かは傷ついたその旨を淡々と。
それを受けて原田先生は、次に何を思うのだろう。
そして、それを見せてもらった僕は…。


富士高演劇部には、恩義を感じている。
スズキ式ドロツプス前夜からの交流は、当時の僕の部活の悩みなんかも和らげてくれたような気がする。
演劇づくりに関して、世界の広がりをもたらしてくれた、最初のきっかけだ。
あ、もちろん、母校部活は僕のアイデンティティなのだけれども。

今の彼らへの、「恩返し」。
それは、叶うなら、どんなかたちなんでしょう…?

ぼんやり考えて、師走。。

Page up▲

2010活動報告③ 箕面本番

本番朝。

空を見上げたら、雨がカミングスーンだなって、思う感じ。
ホテルから劇場までは、かろうじて天気がもちましたが

前夜は、鍵を持ったまま、同室のスズキヨウヘイが寝入ってしまい、フロントの方に開けてもらった。
珍事。
とはいえ、6~7時間は寝れている。
スバラシイ。

午前中は開会の式典。
参加劇団の全体像、やっとこさ、明らかに。
照明の山口さん到着を待って、徐々に本番モード。
さぁ、場当たり、開始です。

今回の僕は音響オペレーター。
不慣れ&不向きなオシゴト。
それも、見知らぬ土地の、見知らぬホールにて。

とりあえず、担当のお姉さんが優しかったので助かりました。
ちなみに、ロゼ公演時のお姉さんも優しかったです。
流石にね、アウェイでビギナーな僕ですもの。
ミスしたら殺す的な?屈強な頑固職人?みたいなのが、セコンドについたりしたら、挫けます。
是非に、笑顔を持って、ご享受頂きたい。
たのしく、たのしく、やさしくね。

場当たりは、とてもスムーズな進行。
富士公演を前週に経てきただけのことはあるぜ。
概ねきっと、良い感じ。
そうだ、怖いくらいに。

僕にはしかしジンクスがある。
ゲネが上手くいきすぎると、本番のイレギュラ―に足元をすくわれる。
今回のそれに当たるもの。
そこがアウェイだということ。


パフォーマンスは決して悪くなかったが、客席の反応は薄く、何だか、ちぐはぐ。
演者も観客も、何か不完全燃焼な気持ちでの終幕だったような、印象。

演者は大いに凹んでいました。
涙目の人も居ました。
アウェイの洗礼を受けたような心持だったでしょう。
…いやぁ、にんともかんとも。。

客席はどうやら、戸惑っていました。
それは、別役不条理に対して。
それは、そしておそらく、あまりにもガチな、チャレンジャーの芝居に関して。
アットホームな人情喜劇を期待していたならば。
王道な、不思議の国のアリス、観たさでやって来たならば。
…確かに、あれれって、なるよね。。

私見。
ガチすぎて、浮いちゃった。
そんな箕面公演。
そしてまた、初めての旅公演だったために、メンバーには、その空気を受け流したり、抗ったりする術を持ち得なかった。
飲まれるよりほか、無かった。

救いは、届いた人には、届いたということでしょう。
他劇団の主宰者や、テクニカルスタッフの方々等、いくらかの方々からは賛辞を頂きました。
当日のパフォーマンスが100点でなくとも、それが一朝一夕に培われたものでないことは、伝わるものなのだと、少しですが、ほっ。
あと、一番前で観ていた、女の子もげらげら笑っていたそうな。


その夜は交流会。
食事にかかるまでの時間(エラいひとのスピーチとか)が長く、我慢できずに食料調達に動く、チャレンジャーの面々。
ついには、いただきますを待たずに、食べる&飲む。
壮絶に疲れているし、壮絶に空腹なのだ、仕方ないのだ。

その後、スズキヨウヘイと、つけ麺の店を訪ねて。
ホテルのロビーで、皆で反省会&コーヒーブレイク。
露天風呂では、浜松から来たという企業の方と、組織運営において、構成員のモチベーションを如何にしてマネジメントするか(?)について、おしゃべりをした。

そして、眠りの淵へ。

Page up▲

ソトシゴト~今後、肩書きに「コミュニティ・アート・貧乏」を加えようと思います/たけす

浜松での、ソトシゴトの報告をします。
他にできる場もないので、笑。。


静岡文化芸術大学にて、浜松地域にこだわった、様々なジャンルのアート活動を仕掛けるキーパーソンが、各々の活動を10分間ずつ、あの手この手でプレゼンする、「見本市」を行いました。
以下、詳細。。

はままつ演劇人形劇フェスティバル2010オープニングイベント
「はままつコミュニティ・アート見本市 ~地域が奏でるドラマ~」

【日時】2010年10月8日(金)18:30スタート
【会場】静岡文化芸術大学 1階東165総合演習室
【出店者】
演劇:布施祐一郎(劇団からっかぜ代表)
人形劇:八木邦雄(浜松市人形劇協会会長)
路上演劇:里見のぞみ(路上演劇祭Japan in 浜松 実行委員長)
音楽:鈴木建也(やらまいかミュージックフェスティバル実行委員長)
映画:榎本雅之(シネマ・イーラ支配人)
美術:特定非営利活動法人クリエイティブ・サポート・レッツ
写真:浜松写真連絡協議会
進行:大岡淳(演出家・批評家)+えん(生活芸術家)

…みたいなジャンルの広がり方。


演劇・人形劇フェスティバル内のイベントだし、当初はいろんなジャンルの「劇」の担い手を集めようかと、当初は考えていました。
しかしもういっそ、振り切ってしまいました、コミュニティ・アート。
浜松を舞台にしたアートの、異種格闘技戦みたいな。
こういった無理のない連携と、近くて遠い異ジャンルとの交流が、次へのつながりを生むし、今の浜松にも間違いなく必要なことでしょう。
これはそしてきっと、浜松のみの話ではないのだ…

当日は地域の方々や、出展者のお仲間で会場も混雑。
ちらっと覗いていく方々も、ちらほら。
出入り自由を大きくうたいましたが、最初から最後までお付き合い頂いた方々もいっぱいで、うれしい誤算でした。
面白いくらいに、出店者のプレゼンも色々で、はままつアートの可能性を肌で感じる夕べでした。
(見本市、様々な方がブログでも取上げて下さっています、検索なんぞも宜しければ)

富士においては、主に、担い手。
浜松・袋井においては、主に、支え手。

金欠(主に交通費)に泣きながらも、現場のある幸せをかみ締める、今日この頃。

Page up▲

もうね、痛いの、お腰サマー。キタキタ踊りとか、絶対無理だわ。/たけす

7月10日(火)、晴れ。

今日は、今泉まちづくりセンターで午前・午後と稽古をしました。
場所、分かりづらいと皆さん口々。
確かに、職員の人も説明に困るぐらいに、絶妙に微妙な立地。
でも、使い良いのです、感謝。

富士東校演劇部と、朝からトゥギャザーしました。
彼らは、土足OKの部屋で靴を脱ぐ律儀な人々です。
(段差があったからか、それともそんなに育ちが良いのかい。)


彼らには課題を出してあった。

「ストップモーションをベースにして物語をこしらえといで!」

朝一でその成果を見て、まだ行けそうだなと悟ったので、午前中はその自主稽古時間としてあてた。
そして、チャレンジャー勢にはそのアドバイザーとしてついてもらうことにした。

発表は午後に。
演目はそれぞれ、①「トイレ個室に入れなくて困り果てる」、②「食事中に浮気相手がいっぱい集合して大混乱」、というもの。
バービーボーイズの曲名から取った「さぁどうしよう」というテーマを与えた所、このような作品となった。
何ていうか、ベタ過ぎて逆に避けませんか、みたいなところを突かれている気がする。

以下、簡単な感想のみ。
<①に関して>
・そもそもの、若者のトイレの使い方が波紋を呼んだ→主人公以外の皆、用を足さないのに個室に居座るという…確かにそれで入れてもらえないのはやるせないし、主人公がしているのは結果的に正当な主張だね
・個室占有者達は勉強したり、トランスしたり、ラジオで競馬を楽しんだり様々で愉快
・個室占有者のテンションに若干むらがあったのと、やりすぎればトイレに見えなくなるかもな微妙なバランスのとり方
・何より、場面設定上、主人公がちょっと意識してリアクション・表情を観客に届けてくれなければならない、これは表現としても要特訓、見せ方としても要検証ですな

<②に関して>
・始まりはひと組のバカップル、「ご飯粒が付いてるぞ」、「アーンして」…時代を超えてベタはベタなのだなと関心
・浮気相手A登場以後の人間関係の変化を力いっぱい表現、ティーンにして修羅場を体現する身体(笑)
・浮気相手BとCは、共通の浮気相手を持つ友人で、それが発覚して二重の修羅場になるのだが、にしてはいまいち消化不良の感が
・妻と浮気相手で夫を取り合う構図、スバラシイ
・主人公の知人が登場すると、実はその彼が主人公の浮気相手全員と浮気をしていという展開、詰め込み過ぎちゃって伝わり切らないかな…
・主人公知人の新恋人としてオカマが登場するのだが、これは屈強な喧嘩屋が、この場を収めてくれるかと思いきや、ただのオカマで、見せ付けられただけ…とかの物語にもできたかも
・ラストポーズはきれい、しかしそこにいくまでの物語としての盛り上がりが欲しい!

みたいな発表が続きました。
…伝わりますか。

とりあえず、地域において演劇づくりに励む、高校生と高齢者が交流をしましたと。
高校生の活発な動きが、高齢者を刺激しましたと。
…みたいなことを夏にしましたという、お話。



どうでもいいんですが、袋井(月見の里学遊館)の現場では子供たち、浜松ではオッサンたち(失礼!)、富士では高齢者or高校生と、最近は異なる世代とばかりトゥギャザーしています。
交友関係、世間一般の20代半ば男子とは、実はかなり異なってるんじゃ…

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 スズキ式ドロツプスのブログ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。