Selected category

All entries of this category were displayed below.

Page up▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

2010活動報告⑤ 高校演劇ってやつは。。

今年の高校演劇の大会。
母校に、少し知恵を貸していた。

いくつか理由はある。

台本に思い入れがあった。
僕のコレクションのうちの一冊だった。
鴻上尚史「スワンソングが聞こえる場所」。
かつて、我々スズキ式ドロツプスが上演した「朝日のような夕日をつれて」の続編(のようなもの)にあたる。

スケジュールが、うまくかみ合った。
9~16時半「帽子屋さんのお茶の会」稽古、その後に母校演劇部稽古と、富士に居る火・金曜日の中で予定が組めた。

演出家としての、絶対的な修行期間にあった。
部活動としての演劇づくり、学校部活動の垣根を越えた演劇づくり、そしてドロツプス、…同世代と。
月見の里学遊館、路上演劇祭、…世代バラバラの中で。
2010年はそして、「シニア」という、限定的な世代を相手とした演劇づくりだ。
これに加えて、「高校生」世代を相手にした取り組みを加えることで、富士市での演劇づくりは、老若の両世代と、真剣に向かい合う現場となった。
両者の違いが自ずと見えてきたのは収穫だった。一方でまかり通らない方法が、一方では大きな成果を上げる、ようなことも見られた。
対象者を想定とした、稽古場のマネジメントみたいなことも、身をもって学ぶ機会となった。


正直、本番の出来はパッとしなかったし、結果も伴わなかった。
正直、まだもやもやしている。
救いは、それが一朝一夕に培われたものでないと、気付いて声をかけてくれる人が居たことだろう。
ある人は、舞台上から、有り余る熱意を感じたと言ってくれた。
ある人は、部活の今迄の課題に応える作品だったと、讃えてくれた。
ある人は、数人の役者の成長に驚き、喜んでくれた。
ある人は、選曲を評価してくれた。

チャレンジャー箕面公演を、終えた時と同じ感情を、そして僕は抱くのだ。
確かに、すぐに思うような結果が出るとは、思わない。
だがいずれ、必ず、納得できるかたちで、同様のプロジェクトを花開かせる。
そのときまで、甘んじて、リベンジャーであり続けてやるのだ。

終演後の落胆に、だが何人かは、僕に、吠えた。
「もう一回やりたい。」
「卒業後に集まって、今度は完全版(台本を一時間仕様にしないで)でやりたい。」
「今度は色んな人を巻き込んでやりたい。」
それを見届けるまで、あるいは、今回の僕のシゴトは終っていないのかも、知れない。

「今回やってみて、劇が楽しいと思った」
ならばこの数カ月の収穫は、とりあえず、彼らのこの笑顔だけで十分かも、なんて。

我ながら、甘ちゃん。

だがその甘い夢のためならば。
苦い涙も。
塩っぱい汗も。
酸っぱい失敗、それさえも。
食わず嫌いじゃ、居られない。

諸君にもいずれ、身をもって学んで頂き魔性。。
なんつって。
スポンサーサイト

Page up▲

2010活動報告④ 箕面3日目

みっかめ。

起きる。
朝風呂まったり。
朝食もりもり。
また10分寝る。

ホールへ。
雨、雨。
京都アトリエ劇研の観劇。
ミステリー劇…やるとなったら、タイヘンだやね。
また数分寝る(寝てしまったの)。

昼食。
4人ほどで、インドカレーのお店に。
13時箕面駅集合。
皆の様子を確認していたら、この僕が、乗り損ねる。
その後途中駅で、皆と合流。
チャレンジャーの皆さん、新大阪から、帰郷。
何やかんや、この時点で結構、疲れては、居る。

その後は、付近をぷらぷら。
お土産を買う。
「面白い恋人」…名前だけで購入。
ミッフィーのドロップス…かわいくてつい、何故か大阪駅付近のミッフィーショップでしか買えないらしい。
小林薫の湯のみ…毎日放送にて購入、これで粗茶も渋々な味わい?
等々。

あと、大阪で初めての値切り体験、旅行用トランクを買う。
その旅行用トランクを持て余し(重いし、雨だし)、ころころのキャスターのみ、LOFTにて買う。
結果、お得感は無くなる。

みたいな、迷走の、午後。
こんな日も、あります。
そして、疲れをどっと残しつつ、気付けば、11月になっていましたとさ。

3部作、完、笑。。

Page up▲

高校演劇地区大会 / スズキ

高齢者演劇のおかげですっかり慣れた東京―静岡の往復はまだ続きます。
今回の用件はわれらが母校の出場する高校演劇大会の観劇。
ついでにちょうど誕生日を迎えた純也くんのお祝い。

会場はこれまた慣れ親しんだロゼシアター。
でも中ホールですが。うらやましい。
僕たちが高校生だった頃の会場はまた別で、そこは既に取り壊されて別の施設が建っています。
そのホールでの出来事も、断片的に蘇ることがある。たまに。

僕の8、9代下の後輩たちが上演したのは松田正隆脚本の「明日は風のない日」。
長崎を舞台にした、戦争の影響がぼんやりと残る家族の生活のお話です。
淡々と、それでいてしっとりとした作品で、けれどそれを見事に自分たちのものにしていた16、17歳の彼らに拍手です。
見事地区大会を突破し、翌週おなじくロゼシアターで開催される県大会に進出することが決まりました。
おめでとうございます。

彼らがどんな演劇が好きで、演劇のことをどう考えているのか、それはしっかりお話したことがないのでよくわかりません。
そして勿論、「演劇とはこうだ」とか「こういう演劇がいい」などと言うつもりもありません。
彼らがこの2年間で演劇と離れても、今後も続けていくとしても、それでいいのだと僕は思います。
ただ、この時間を共に過ごしている部員たちへの信頼や好感がこの瞬間にあることだけはしばらく持っていてほしいなあなどと思うのです。
その点だけは、僕と同じ道をたどってほしいと思います。


終演後は原田先生や照明家の山口さんにごあいさつ。
純也君への誕生日プレゼントをあげたり、なぜか僕までもらったり、そんなこんなで夜は更けていきました。

ちなみに僕へのプレゼントは立体パズル
立体パズル

高井くんへのプレゼントはこの本でした
脱オタクファッションガイド脱オタクファッションガイド
(2005/10/26)
久世トレンド・プロ

商品詳細を見る



そしてそして、重い腰をようやく上げて、スズキ式ドロツプス第三回公演的な活動。
ゆるりと稽古っぽいことをしてみた。
まだまだ詳細は発表できませんが、近いうちにお知らせしたいと思います。
これまでのスズキ式ドロツプスの公演からはだいぶ離れた形態になる予定。

takai_24
高井純也24歳の横顔(画像処理済)

Page up▲

雨なので / スズキ

高齢者演劇、大阪公演も終わりました。

だけれども加藤がなんか大変なことになう。

すいません苦笑。

Page up▲

大阪公演のあさ / スズキ

おはようございます。大阪公演本番の朝です。
朝風呂、ていうか温泉なんかに入ってすっかりご満悦です。

相部屋の加藤はマスク完備でまだ寝ています。

すごく気にかかるのは、昨晩諸々が重なり結果的に加藤をしめだしてしまったはずのこと。

寝てました自分。

気づけば午前0時、加藤はどうやったのか部屋にいて。
何があったのか起きたらきいてみよう。

気張らずがんばりまーす。

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 スズキ式ドロツプスのブログ, all rights reserved.
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。